第12回呼吸器外科同門会記事作成日:2023年1月20日

2022年11月12日、ホテル・レクストン鹿児島で第12回呼吸器外科同門会が行われました。

前半は、記念講演会が行われました。上村豪先生と德永拓也先生が、現在鹿児島大学呼吸器外科で行われている呼吸器外科手術手技についての発表をしました。

その後の特別公演では、鹿児島大学感染制御学講座教授の西順一郎先生から「COVID-19の現状と今後の展望」と題してご講演を賜りました。コロナ流行第8波突入の時期にあり、皆さん熱心に講演を聞かれ、活発な質疑応答が行われました。

祝賀会では、下川新二同門会長ならびに佐藤雅美教授のご挨拶を始め、関連病院の出向医師からの楽しい近況報告がありました。アクリル板設置、立ち歩き・お酌禁止の中、会話も最小限で発表に聞き入っていました。

佐藤雅美先生は、今回が教授として最後の同門会でした。呼吸器外科立ち上げから現在までの12年間の苦労、思い出を詳しく振り返られ、我々は箸を止めて佐藤先生のお言葉を拝聴しました。感染対策を遵守した同門会祝賀会でしたが、静かな会の中でも同門会員の絆を深めることができたと実感しました。

前のページへ戻る

ブログ お知らせ 学会 ロボット手術について 単孔式手術について